赤ちゃんや子ども(幼児)の靴選びのポイント|人気の子ども靴

 

子どもの靴選びって意外と難しいですよね。自分で意思を伝えることができない赤ちゃんや幼児であれば尚更です。
足の健康や発達のためにとても大切な靴選び。赤ちゃん子ども(幼児)ののサイズや選び方について調べてみました。


赤ちゃん・子ども(幼児)の靴のサイズの目安は?

赤ちゃんや子ども(幼児)の靴|サイズや選び方
※上記のサイズ表はあくまでも平均の目安ですので、参考程度してください。

 

ファーストシューズはいつから?

安定して10歩程度歩けるようになれば、ファーストシューズデビューの時期と言われています。子どもが歩けるようになる一般的にな時期は1歳前後ですが、個人差があります。早めに靴を購入した場合、歩く前にサイズアウトしてしまうこともありますので、ファーストシューズの購入はよちよち歩きを始めたくらいがおすすめです。
ファーストシューズには、室内向きと屋外向きのものがあります。室内向きの靴は初めて靴を履く赤ちゃんでも歩きやすいように、軽くて柔らかい素材で作られています。屋外向き用の靴は、底の部分が硬く室内用よりも重みがあります。うちの娘も、初めて屋外用の靴を履いた時は重みで歩きにくそうにしていたので、室内向きの軽い靴から歩く練習を始めました。

 

赤ちゃん・子ども(幼児)の靴選びのポイント

Point1:子どもの足の長さをフットメジャーで測る

当たり前のことですが、まずはきちんとフットメジャーを使って足の長さを測りましょう。

Point2:足の長さより5mm〜1cmほど大きいサイズの靴を選ぶ

足の指が動かせるように5mm〜1cmほどの余裕があるサイズを選びましょう。メーカーによって作りに違いがあるので、靴の中敷きを取り出し、子どもの足に合わせて確認するのが良いでしょう。

Point3:甲の部分がしっかりフィットするものを選ぶ

足をしっかり固定できて履かせやすい“ワンタッチテープ”がおすすめです。

Point4:つま先が適度に反りあがっているもの

子どもはべた足であるくので、つま先に反りがあれば蹴り出しやすく、つまづきを軽減できます。

Point5:3ヵ月に一度は足のサイズをチェック

子どもは足の成長が早いので、3ヵ月〜6ヵ月に一度は靴を買い替える必要があります。2〜3ヵ月に一度は足の長さを測って、靴が小さくなっていないか定期的に確認をしましょう。

百貨店や専門店では、シューフィッターといわれる専門の方が靴を見立ててくれることもあります。靴選びに迷った場合は、まずはお店の方に相談をしてみましょう。

 

赤ちゃん・子ども(幼児)におすすめの靴

人気のファーストシューズ

ベビーフィート/トレーニングベビーシューズ
アシックス/すくすくアミュレファースト
アシックス/すくすくファーストシューズコンフィ

人気の子ども(幼児)靴

アシックス/すくすくアイダホ
ニューバランス/IZ373・IZ996

 

まとめ

足に合った靴を履くことは、子どもの健康や発育に欠かせないことです。サイズの合わない靴を履けば足に負担がかかり、足の形が変形したり、不自然な歩き方になったりすることもあります。ママやパパがきちんと子どもの靴を選ぶことで、楽しく運動をしたり、ケガを予防することができます。靴選びの知識を身につけて、子どもの健やかな成長をサポートしてあげましょう。


 このエントリーをはてなブックマークに追加 
TOPへ