ローザンイルミの見どころは?|実際に行ってきた感想と写真をご紹介

 

関西最大級と言われるローザンベリー多和田イルミネーションに行ってきました。
ローザンイルミの見どころや、立ち寄った金剛輪寺の紅葉の様子などもご紹介したいと思います。


ローザンベリー多和田のイルミネーション(ひかり奏でる丘2021)基本情報

場所

滋賀県米原市多和田605−10<地図>

開催期間

2021年10月8日(金) 〜2022年2月14日(月) 予定

営業時間
期間 営業時間 お休み
10月8日(金)〜11月29日(月) 17:30〜21:00(21:30全消灯) 火曜定休(祝日の場合営業)
12月1日(水)〜12月26日(日) 16:30〜21:00(21:30全消灯) 火曜定休(祝日の場合営業)
12月27日(月)〜1月10日(月祝) 16:30〜21:00(21:30全消灯)

12/28・1/4の火曜日は営業
12/31〜1/2の3日間は休業

1月15日(土)〜2月14日(月) 16:30〜20:00(20:30全消灯) 土日祝のみ営業(2/14は最終営業)
料金
当日券 WEB前売り券
大人(中学生以上) 1,600円 1,500円
子ども(4歳以上) 1,000円 900円
3歳以下 無料 無料

※WEB前売り券の販売期間は来園1ヶ月前から前日の18:00まで
公式ホームページ:https://www.rb-illumi.com/

 

ローザンイルミの見どころ

スターダストレイク

入場ゲートを進むと、音と光の世界“スターダストレイク”のエリアが広がります。
雨が降り湖に波紋ができる様子や、雨が上がり湖に大きな虹がかかる様子を、光と音で幻想的に表現されてました。
この日は金曜日で混雑していませんでしたが、土日やクリスマスシーズンは混雑が予想されるため、早めに入場した方が良さそうです。また、屋根がないので、雨天時は傘やカッパがあると安心です。

フェアリーガーデン

フェアリーガーデンの入口には大きな絵本があります。
絵本の中の妖精が、特別な夜にだけ咲くといわれる奇跡の青いバラのお話をしてくれます。

フェアリーガーデンの中央に、大きなバラを発見!音楽と共に、バラの色が青色に変化しました。
大切な人と想いを合わせて2つのベルを同時に鳴らすと、奇跡の青いバラが咲くそうです。是非カップルや家族で一緒にベルを鳴らしてみてください♪

妖精たちの住まいにもお邪魔させてもらいました。

ローザン鉄道ミルキーウェイ

華やかにライトアップされたSL列車に乗って園内を周れます。
料金は大人(中学生以上)1000円、子ども(4歳以上)500円です。運行状況は1日にのぼり7便、くだり6便あります。

乗車時間は10分ほどで、園内の様々なイルミネーションを見てまわれます。敷地が広く、思ってたよりも長く感じました。列車しか通れない場所もあるので、歩いて見るのとはまた違った景色を味わうことができます。
列車は全席指定席で、切符は発着駅の自動販売機で購入できます。また、列車には屋根やカバーがついているので、雨でも楽しむことができます。

ひつじのショーンファームガーデン

滋賀県のイルミネーションと紅葉を楽しむ旅|ローザンベリー多和田と金剛輪寺(ブログ)

滋賀県のイルミネーションと紅葉を楽しむ旅|ローザンベリー多和田と金剛輪寺(ブログ)

滋賀県のイルミネーションと紅葉を楽しむ旅|ローザンベリー多和田と金剛輪寺(ブログ)

出典:ローザンベリー多和田公式ホームページより引用


ひつじのショーンの世界を再現したファームガーデンも素敵にライトアップされています。
ひつじのショーンのスイーツが食べれるカフェや、ひつじのショーンの可愛いチョコチップパンが作れるパン作り体験も開催されています。

 

その他イルミネーションの写真

光るブドウ園の葉っぱは本物でした。実際に葡萄を収穫した後のハウスをライトアップしているようです。

 

金剛輪寺の紅葉

紅葉の色付きはまばらで少し残念でしたが、秋の澄んだ空気の中、自然に囲まれたお寺を参拝するのはとても気持ちが良かったです。
4歳の娘も石段を登り本堂まで行きましたが、境内が広く駐車場から本堂まではなかなかの距離がありました。参道の両脇にはたくさんのお地蔵さんが並んでおり、本堂まで歩く方々を見守り応援してくれているようでした。

 

道の駅あいとうマーガレットステーション

滋賀県のイルミネーションと紅葉を楽しむ旅|ローザンベリー多和田と金剛輪寺(ブログ)

出典:道の駅あいとうマーガレットステーション公式ホームページラプティより引用


こちらの道の駅のおすすめは、フルーツ&ハーブ工房ラプティのジェラートです。
ラプティのジェラートは、地元の旬の野菜や果物を使っており、安心安全でとてもヘルシーなジェラートです。
旬のものを使うので、季節ごとに食べられるフレーバーも違い、野菜のジェラートは低カロリーで女性にとても人気のようでした。
また、道路を挟んだ向かいのお花畑では、ラベンダーやひまわり、コスモスなど、季節ごとに様々な花を見ることができます。
入園は無料、数百円で摘み取り体験ができます。私たちが行った時期は、秋ひまわりが満開でした。

 

まとめ

寒い時期だからこそ、心がほっと温まるイルミネーションを見に行く旅はおすすめです。
関西最大級のローザンイルミは、壮大で幻想的で、本当に妖精が暮らしているようなおとぎ話に足を踏み入れたような空間でした。
また、ローザンベリー多和田は採掘跡地を長年かけて美しく緑化した場所であるそうで、自然や農業の素晴らしさ、尊さを感じることもできました。次回は、昼間のローザンベリー多和田にも足を運んでみたいと思います。


 このエントリーをはてなブックマークに追加 
TOPへ