妊婦の体重管理は大変 体重増加を抑える方法を紹介

妊婦の過酷な体重管理を乗り切ろう!体重増加を抑える効果的な方法

 

妊婦の体重管理は本当に大変ですよね。
筆者も健診の体重測定は毎回憂鬱でした。
妊娠前より食べてないのに、体重はなぜかどんどん増える。
太らずに栄養はしっかりと採るなんてどうすればいいの!?という状態でした。
そんな中でも、最終的には目標体重(8s増)をなんとかクリアする事ができましたので、
筆者が試して効果があったと感じた方法をいくつかご紹介したいと思います。


※効果には個人差があります。

妊婦の体重管理の必要性

妊婦の過酷な体重管理を乗り切ろう!体重増加を抑える効果的な方法

そもそも、妊娠中体重管理はなぜ必要なのでしょうか。
体重が増えすぎると、妊娠高血圧症候群や、妊娠糖尿病になる可能性が高くなります。
このような病気になると、当然母体や赤ちゃんにも悪影響を及ぼすことがあります。
また、産道に脂肪がつきすぎると、陣痛が弱くなり出産にかかる時間が長くなり、出産時のリスクが高くなる可能性があります。

妊娠中の体重増加目安

妊娠中に増える体重の内訳
赤ちゃんの体重...約3kg
胎盤...約500g
羊水の重さ...約500g
母体の子宮の筋肉と乳房の重量増加...約1kg
母体の血液、水分量の増加...約2kg
ここまで全て足し算すると約7kgです。
ここに脂肪の増加分(0〜5kg)がプラスされ合計で約7〜12kg体重が増加するのです。
そして、この脂肪の増加量というのがBMIごとに違います。

妊婦の過酷な体重管理を乗り切ろう!体重増加を抑える効果的な方法

また病院の方針や、担当医、担当助産師によって考え方の違いがある為、体重管理の厳しさはまちまちのようです。
筆者も担当医には11kg増までOKと言われていたのに、なぜか助産師に8kg増まで!と決められました(T ^ T)

効果的な体重管理方法のご紹介

低カロリー食材で美味しく空腹を満たそう

妊婦の過酷な体重管理を乗り切ろう!体重増加を抑える効果的な方法

私が一番効果があった食材は(おから)でした。
おからの豊富な食物繊維は、腸内を掃除し、糖質や脂質などの吸収を抑えてくれるのです。また栄養価も高く、美容にも良いそうです。
筆者は妊娠してから便秘が酷かったのですが、おからを食べるとお通じがスッキリし、満腹感があるのに体重は増えてない!という効果を感じ、たくさんのおから料理を作りました。
その中でもおすすめは、

 

おからハンバーグ
≫ Cookpadでレシピを検索
おからのポテサラ風
≫ Cookpadでレシピを検索
おからクッキー
≫ Cookpadでレシピを検索


是非試してみてください
おからクッキーは市販の物もとても美味しかったので、こちらもおすすめです!

体重管理アプリを活用しよう

毎日食事のカロリー計算をする...なんてムリですよね(^^;
体重計に乗るのも忘れてしまう日だってあります。
そんな時は携帯アプリを活用してみましょう!
食べたものを選ぶだけでカロリー計算できてしまうのです!
多少誤差はありますが、今日自分が食べすぎなのかどうか直ぐに判断でき、暴食を防いでくれます。
記録をする事で毎日の体重計測も忘れずにできますし、日々の体重管理に対する意識が上がります!

妊娠したらにんぷ体重ノート
妊娠したらにんぷ体重ノート
開発元:Karadanote Inc.
無料
posted withアプリーチ

↓妊婦用のアプリではないですが、私はこちらのアプリを使用しておりました。

ダイエットが続く!かんたん食事記録で痩せる・体重管理もぐたん
ダイエットが続く!かんたん食事記録で痩せる・体重管理もぐたん
開発元:MEDIANO Co.,Ltd.
無料
posted withアプリーチ

糖質の吸収を抑える青汁を活用しよう

妊婦の過酷な体重管理を乗り切ろう!体重増加を抑える効果的な方法


食事管理や運動を頑張っても、妊娠中の体重増加を抑える事は簡単ではないですよね。
食事制限をすれば栄養不足も気になります。
そんな妊婦さんたちにおすすめなのが、【ゆるやか習慣】という青汁です。
こちらの青汁は無農薬の桑の葉から作られおり
食前に飲むことで、糖質の吸収を抑制する効果があります。
抹茶風味で飲みやすく、ノンカフェインなので妊娠中にも安心して飲むことができます。
桑の葉にはビタミンや鉄分などの栄養がたくさん入ってますので、栄養不足が気になる方にもおすすめです。
また、食物繊維も豊富なので、妊娠中に悩まされる便秘の解消にもおすすめですよ♪

【ゆるやか習慣】公式サイトで商品を見てみる

妊娠中の体重管理の注意点

いくら体重が気になるからと言って、妊娠中に無理なダイエットは絶対にダメです。
バランスの良い食事と、適度な運動を第一に心掛けましょう。
しかし、その人の体の具合や、体調、妊娠の時期(初期・中期・後期)などによって、適度な運動というものが違ってきます。
医師や助産師さんに相談をしながら、食事と運動の量、質を決めていきましょう。
言われた通りにやっているのに体重増加が止まらない場合は、食事と運動の記録を付けたものを医師や助産師さんに見てもらいアドバイスをもらいましょう。

まとめ

妊娠中の体重制限は本当に辛いですよね。
私の個人的な意見ですが、日本では過度に厳しい気もします。
悪阻で痩せれば、悪阻後に太ることなんて当たり前のような気がしますが...
悪阻だって人によって症状が違うように、太りやすい人もいれば、太りやすい時期だってそれぞれ違うんじゃないかと思います。
太り過ぎはもちろん良くないですが、勝手に低めの目標体重を定められて、数百グラム重いだけで『食べ過ぎてませんか?運動してますか〜?』
なんて質問は妊婦さんにストレスを与えているだと思います。
少しでも妊婦さんと赤ちゃんの事を思うなら、過酷な体重管理を頑張れるような優しい言葉や、具体的な方法を伝授して頂きたいものですね!
最後に、多少の体重増加でガミガミ言われてストレスを貯め続けている妊婦さんがいれば、『ハイハイすみません。(心の声→私の体重は日本産婦人科学会推奨範囲内ですから!)』と言って適当に流しておきましょう。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
TOPへ