子育て支援センターてどんな場所?

 

今回は地域にある“子育て支援センター”について書いてみたいと思います。
子育て中のママやパパは一度は耳にしたことがあると思いますが、どんな場所?何をするの?利用方法は?など色々と気になりますよね。


子育て支援センターってどんな場所?

子育て支援センターとは、子育て中の親子の交流を深めるための施設です。主に就学前までのお子さんと保護者が利用しており、親子で交流をすることができます。
子育て支援センターは厚生労働省が管轄している地域子育て支援拠点事業の一つであり、各市町村によって管理・運営されていますが、NPO法人や民間事業に運営を委託している場合もあります。
支援センターにはスタッフが常駐しているので、子育てについての不安や悩みを相談することもできます。スタッフは運営や育児相談の窓口でありベビーシッターではありません。一緒に遊んでくれたりしますが、基本的には親が子どもを見守りながら過ごしましょう。また、リトミックや本の読み聞かせなど、親子で楽しめる様々なイベントを催している支援センターもあります。

 

子育て支援センターの利用方法

利用制限

センターごとに規定があります。地域に在住している方のみ利用ができるセンターや、保育園や幼稚園に入園している子どもは利用できないセンターもあります。利用者が多い地域では、午前中に利用したら、午後は利用できない。などの制限があることも。
各支援センターのホームページで詳細を確認してみると良いでしょう。

利用時間

多くのセンターは平日の日中に開館しているようです。9時や10時から開いているセンターが多く、お昼の時間帯は一時的に閉めている所もあります。また、イベント開催日は予約をしていないと入れないこともあります。
ホームページにスケジュールを載せているセンターもありますし、施設前に予定表の紙が置いてあることもありますので、事前に確認しておくと安心です。

利用料金

原則無料で利用ができますが、イベントに参加される場合は、材料費などがかかることもあります。

 

子育て支援センター・児童館・子育てサークルの違い

運営をしている団体 対象年齢 子育てアドバイザーの有無
子育て支援センター 自治体やNPO法人 未就学児
児童館 自治体やNPO法人 18歳未満
子育てサークル 子どもの親 未就学児無

※運営をしている団体や対象年齢、子育てアドバイザーが常駐しているかなどに違いがあります。

 

子育て支援センターのメリット

・同年代の子どもと遊ぶことができる
・ママのリフレッシュになる
・子育ての悩みを相談できる
・保育園や幼稚園の情報交換ができる
・ママ友ができる

 

初めての子育ては悩みも多く、相談できる場所があるのは大切です。
子どもと二人きりの時間が長くて疲労を感じ場合は、大人と少し話しをするだけでもリフレッシュになります。
私は支援センターに通うことで、気持ちがリフレッシュできたし、生活リズムも整いました。


 

子育て支援センターのママ友事情

子育て支援センターでは何をするの?|児童館や子育てサークルとの違い

子育て支援センターに行くことを躊躇する理由の一つが、ママ友トラブルではないでしょうか。ママ同士のトラブルは誰しも避けたいものですよね。でも、子育て支援センターに行ったからといってママ友トラブルが起こるわけではありません。実際に、私は支援センターでママ友とトラブルになったこともないし、トラブルを見たこともありません。私自身もママ友ができましたが、自宅が少し離れているせいか、たまにお茶をしたり、幼稚園の情報交換をする関係性です。程よい距離を持ってお付き合いするのが、良いのかもしれませんね。

 

子育て支援センターに行くときに注意したいこと

子どもから目を離さない

おもちゃの取り合いなどで子ども同士の喧嘩が起こることもあります。トラブルにならないためにも、子どもから目を離さないようにしましょう。ママがトイレに行くときは、スタッフの方に声をかけて子どもを見てもらうようにしましょう。

病気が流行っている時期は要注意!

特に免疫のない赤ちゃんは、感染症(インフルエンザ、手足口病など)が流行る時期は連れて行かない方が安心ですね。

 

子育て支援センターは行くべき?

 

はっきり言って、無理して行く必要はありません。行かない理由は色々あると思いますが、毎日楽しく過ごせているのであれば、無理していく必要は全くありません。様々な人と出会うことは子どもにとって良い刺激になるし、支援センターに行くメリットはたくさんありますが、無理して行くことはママにとって負担が大きいです。大切なことは、ママと子どもが楽しく過ごすこと。


 

育児の不安や不満など誰かに話しを聞いてほしい方や、ママ友が欲しい方、リフレッシュしたい方は是非一度行ってみてください。何度か通っているうちに友達ができたり、居心地が良くなる方もいます。行ってみたけど合わなかったという方も、時間や曜日を変えたり、他の支援センターに行ってみたりすると、また違った出会いがあっておすすめです。


始めて支援センターに行くときは不安もありますが、直ぐにスタッフの方が声をかけてくれます。利用方法などの説明や、子どもにおもちゃを渡してくれたり、他の親子との会話のきっかけを作ってくれたり、スタッフの方が施設に馴染めるようにサポートをしてくれるので安心です。


 このエントリーをはてなブックマークに追加 
TOPへ