1歳の誕生日のお祝いは何をする?|手作りケーキや人気のプレゼント

 

生まれてきた赤ちゃんの初めてのお誕生日は、盛大にお祝いしてあげたいですよね。1歳児におすすめの手作りケーキや、お部屋の飾り付け方、人気のプレゼントなど、1歳のお誕生日に役立つ情報を集めてみました。


バースデーケーキ

離乳食完了期に差し掛かる1歳児にとって、クリームや砂糖が多く使われている市販のケーキは、身体に負担になることもあります。また、原材料をきちんと把握していないとアレルギーの心配もあるので、初めてのバースデーケーキは、離乳食で使っている材料で手作りしてあげると安心です。

スポンジの代用品

・丸型にくり抜いた食パン
・ホットケーキ(※赤ちゃん用のホットケーキミックスがおすすめ)
・蒸しパン

クリームの代用品

・水切りヨーグルト
・豆乳クリーム

デコレーション

季節のフルーツ
ボーロ

 

誕生日のお料理

お誕生日のお料理には、子どもの好きなキャラクターや、動物をモチーフにした可愛いプレートがおすすめです。ごはんの色付けは、ケチャップや青のりやかぼちゃなど、離乳食で使う身近な食材で行うと◎海苔、チーズ、ハムなどを切って目や鼻を作りましょう。ブロッコリーやトマトで彩りを良く、お出汁で柔らかく煮た人参は、ハートや星型にくり抜いてお皿に飾るだけで可愛さUP↑です。今は100均などでもアルファベットや数字の型抜きが売っているので、可愛いデコレーションも簡単にできますよ。

お部屋の飾り付け

子どものお誕生日にはお部屋を可愛く飾り付けして、素敵な写真をたくさん残したいですよね。風船やレターバナー、ガーランドなどを使ってフォトジェニックな空間を作りましょう!飾り付けは100均でも手に入りますが、ボリュームや統一感のある飾り付けセットの購入がおすすめ。風船を浮かせるためにはヘリウムガスが必要ですが、風船を壁や天井にテープでくっつけて飾ればヘリウムガスが無くても大丈夫です。

風船を壁や天井に付ける方法

普通の両面テープでくっつけた場合、数時間で風船が落ちてくることがあります。しかし、強力なテープを使うと壁紙が剥がれてしまう危険性があります。そこでおすすめの方法が、マスキングテープと強力な両面テープの2つを使う方法です。壁にまずマスキングテープを貼ります。次に、マスキングテープの上に強力な両面テープを貼り、そこに風船をくっつけます。剥がす時はマスキングテープごと剥がせるので、壁を傷つける心配はありませんし、風船もしっかりくっつきます。
※きれいに剥がれる両面テープも使ってみましたが、選んだテープ悪かったのか、自宅の壁紙が凸凹していたせいなのか、数時間でいくつかの風船が落ちてきました。

誕生日プレゼント

1歳の誕生日|かわいい飾り付けや手作りケーキでお祝いをしよう!

初めてのお誕生日プレゼントですから当然悩みますよね。本人から何が欲しいか聞けるわけでもないし、子どもの興味は変わることもあります。みんな何をプレゼントしているのでしょうか?1歳の誕生日プレゼントに人気の品をご紹介します。

木のおもちゃ SOUNDブロックス Large

赤ちゃんが舐めても安全な塗料を使っているので安心して使えます。音の鳴る積み木も入っており、カラフルでとても可愛い積み木です。

おりたたみロングスロープ キッズパーク

滑り台、ジャングルジム、ブランコが付いた大型室内ジムです。インテリアに馴染む色使いで、天気を気にせず室内で身体をたくさん動かすことができます。コンパクトに折りたたみもできるので収納するときも便利です。

ザ・プレミアム知育 People

たくさんの知育遊びが詰まった商品です。つかまり立ちや歩けるようになる1歳ころに大活躍して、遊びながら歩く練習ができます。

一升餅・選び取り

一升餅

一升餅は、1歳の誕生日の子どもに、一升のお餅を背負わせて誕生日を祝う伝統行事です。一升のお餅は重いので、赤ちゃんは座り込んだり転んだりしますが、それも「縁起がよいこと」と考えられています。“一升”と“一生”をかけてあり「一生食べ物に困らないように」という願いが込められています。

選び取り

選び取りとは、1歳の誕生日に子どもの将来の職業や才能を占う伝統行事です。身近な物を並べて、子どもが取ったもので将来どんな人になるかを占うのですが、代表的な物としては[そろばん:商売上手][スプーン:料理人][鉛筆:物書き]などがあり、10種類ほどのアイテムを置くことが一般的です。現代では、[ミニカー:車関係の仕事]や[スマートフォン:IT関連の仕事]などとバリエーションも豊富で、各家庭で自由に楽しんでいるようです。

まとめ

子どもの初めてのお誕生日は誰にとっても特別なものであり、ママやパパの大切な思い出の一つになります。1歳の誕生日は絶対にこれをしなければいけない。という決まりはありませんので、ママとパパが「やりたい!」と思うことを家族みんなで楽しむことが良いでしょう。素敵な1歳のお誕生日を過ごして下さい。Happy birthday!


 このエントリーをはてなブックマークに追加 
TOPへ