0歳児の秋服選びのポイント|人気の可愛い秋服

0歳児の秋服は何を着せる?月齢別秋服選びのポイント

 

朝晩の寒暖差が激しい秋は、赤ちゃんの洋服選びに迷うママも多いでしょう。今回は0歳児秋服選びのポイントを、月齢別にまとめてみました。赤ちゃんの体調管理のためにも、ベストな秋服を選んであげましょう!


日本の秋の気候

日本の秋は一般的に9月〜11月の3ヵ月を指し、東京の気温はおよそ15〜20度くらいで一般的に過ごしやすいと言われる時期です。しかし、一方で日中と朝晩の寒暖差が激しく11月の最低気温は10度を下回ることもあります。

 

0歳児の肌着や洋服の種類

肌着の種類

  • 短肌着・・・前開きタイプで、腰あたりまでの短い肌着。

 

  • コンビ肌着・・・前開きタイプの長めの肌着。股下にスナップがついているのではだける心配がない。

 

  • ボディ肌着・ロンパース肌着・・・股下部分をスナップで留める肌着。体にフィットして動きやすいのが特徴。被せるタイプのものや、肩にスナップがついたもの、前開きタイプのものもある。

 

洋服の種類

  • ツーウェイオール・・・スナップの止め方で、ドレスタイプにも、カバーオールにもなる洋服

 

  • カバーオール・・・つなぎの洋服で股下部分にスナップがついている。被せるタイプのものや、肩にスナップがついたもの、前開きタイプのものもあります。

 

0ヵ月〜3ヵ月の赤ちゃんの秋服

服のサイズ・・・50〜60センチ
靴下のサイズ・・・7〜8センチ

※サイズは目安です

秋生まれの赤ちゃんのこの時期は、肌着+ツーウェイオールが基本です。生まれて3ヵ月ほどは、ねんね期と言われほとんどの時期を仰向けに寝た状態で過ごします。また、オムツ替えが1日に10回ほどと頻繁なので、ドレスタイプやカバーオールタイプになる“ツーウェイオール”がおすすめです。肌着の袖は気温に合わせて半袖、長袖をチョイスしましょう。肌寒いと感じる場合は、肌着を2枚(短肌着+コンビ肌着)重ね着するのも◎検診などで外出する際は、ベストを着せたり、おくるみを巻いてあげたりすると良いでしょう。この時期の赤ちゃんは、体温調節がまだ上手にできないので、室内で快適に過ごせるように冷暖房器具を上手く利用しましょう。

 

4ヵ月〜6ヵ月の赤ちゃんの秋服

服のサイズ・・・60〜70センチ
靴下のサイズ・・・9〜10センチ

※サイズは目安です

基本は肌着+カバーオールです。首が座り、寝返りができるようになるこの時期は、赤ちゃんの動きが少しずつ活発になります。肌着は、動きやすくお腹がでないボディ肌着やロンパース肌着がおすすめです。足元が寒そうであれば、レッグウォーマーや靴下を履かせてあげましょう。外出時はベストやカーディガン、ポンチョなども着せやすくておすすめです。

 

7ヵ月〜11ヵ月の赤ちゃんの秋服

服のサイズ・・・70〜80センチ
靴下のサイズ・・・11〜13センチ

※サイズは目安です

この時期の赤ちゃんは、肌着+カバーオールまたは、肌着+トップス+パンツ(※セパレートタイプ)のお洋服も着られるようになります。お座りができるようになり、ハイハイやずりばいなどで、たくさん動き回るようになるので、肌着は動いてもお腹が出ないボディ肌着やロンパース肌着、洋服は動きやすいものを選びましょう。洋服はカバーオールがおすすめですが、たっちや歩くようになれば、上下セパレートタイプのお洋服の方が着せやすい場合もあります。また、子どもは汗をかきやすいので、特に暖房の入った室内では厚着をさせないように気を付けましょう。

 

0歳児の秋服選びのポイント

肌に優しい素材のものを選ぶ

赤ちゃんの肌はとてもデリケートなので、特に肌に直接触れる肌着は綿100%の肌に優しい素材のものを選ぶのがおすすめです。

薄手の服を組み合わせる

赤ちゃんは体温調節がまだ上手くできないので、薄手の服を重ねたり脱いだりすることでこまめに調節をすることが大切です。

袖丈(半袖・長袖)はその日の気温によって選ぶ

秋は寒暖差が激しく、急に冷え込む日もあるので、その日の気温を確認しながら着る服を選びましょう。

こまめに赤ちゃんの状態を確認する

汗をかいていないか、足が冷たくなっていないかなど、こまめに赤ちゃんの状態を確認しながら服装や室温の調節を行いましょう。

冷暖房器具を上手に使う

室内では冷暖房器具を使い、快適な温度に保っておくと、洋服選びに悩む心配が減りますよ。

 

0歳児肌着・洋服人気のブランド

プチバトー

出典:PETIT BATEAU プチバトーオンラインブティックより引用

120年以上もの歴史を誇るプチバトーは、フランスの子ども肌着メーカーとして誕生しました。素材の品質から縫製まで徹底してこだわり抜いた製品は、「丈夫でよれにくく、着やすくて肌ざわりが良い。」と、そのクオリティの高さから、長年多くの方に愛されています。

ミキハウス

ミキハウスは日本製にこだわったベビーウエアブランドであり、安心安全で高品質なベビーウエアを求める多くの方々に支持されています。肌着の素材も、伸縮性に優れた「フライス」素材や、薄手で涼しい「メッシュ」素材、保温性が高い「ニットガーゼ」素材など、季節に合わせて選ぶことができます。子どものことを第一に考えた素材や丁寧な縫製からは、作り手の想いが伝わる一品。プレゼントにも喜ばれます!

ユニクロ

コットン100%で作られたユニクロのベビー肌着はコストパフォーマンスが高く、デイリー使いには最適です!裏表が一目でわかるカラーステッチや、掛け違い防止スナッパー、外側のスナップボタンなど、使い勝手が良くお着替えが楽にできる工夫がたくさんあります。

ギャップ

ギャップのベビー服は、キュートな柄や華やかな色使い、可愛いプリントシャツなどがたくさんあります。セパレートタイプの服や、ベストやカーディガンなどのアウターなども豊富で、お得なセールが度々行われるのも嬉しいポイント。オーガニックコットンを使用した肌に優しいベビー服もあります。


 このエントリーをはてなブックマークに追加 
TOPへ