七五三は何をする日?|可愛い着物姿で思い出に残るお祝いをしよう!

七五三のお祝いは何をする?|可愛い着物姿を記念に残そう!

 

七五三と言えば、皆さん着物姿に千歳飴を思い浮かべると思いますが、いつどのように祝うのかご存知ない方もいるのではないでしょうか?お子さんの大切な節目となるお祝いですから、ご家族みんなの思い出に残る七五三お祝いをしましょう!


七五三とは?

七五三とは、平安時代ごろから行われていた「子どもの成長を祝う儀式」が由来だと言われております。男の子は3歳と5歳女の子は3歳と7歳にお祝いをしており、本来は数え年で行っていましたが現在では満年齢で行われてることが多いようです。

七五三はいつ、何をするの?

七五三のお祝いは11月15日に行います。これは徳川家光の子供の健康のお祈りした日であり、その後すくすくと成長したことから七五三の式日として広まったと言われております。一般的には、神社へのお参りや記念撮影、家族で食事をしたりなどして子どもの成長をお祝いします。古来からの儀式に由来していることや、正装が望ましいハレの日であることから、現代でも多くの人が七五三で着物を着ているようです。現在ではあまり形式にこだわらない方も多く、11月15日が平日の場合は10月・11月の土日祝日などにお祝いを行う家庭も多いようです。また、着物姿の前撮りを行ったり、洋装で参拝する家庭もあったりと、各ご家庭でお祝いの仕方はさまざまなようです。お祝いの日取りや何をするのかは、ご家族で話し合って決めるのが良いでしょう。

七五三にかかる費用は?

七五三のお祝いは何をする?|可愛い着物姿を記念に残そう!

御祈祷の初穂料

神社で「ご祈祷」を受ける場合は、神社への謝礼として「初穂料(はつほりょう)」が必要となります。初穂料の相場は1人につき5,000円〜10,000円ですが、神社によって金額が異なりますので事前に確認をしておきましょう。また、初穂料を入れるのし袋は、紅白または金銀で蝶結びの水引のものを用意しましょう。「ご祈祷」を受けるには事前に予約が必要な神社もありますので、併せて確認をしておきましょう。

着物代

七五三用の着物を購入する場合は、着物の生地やお店によって金額に大きな差があります。安いものであればネット通販などで1万円ほどで購入できますが、高級品であれば数十万する着物もあります。また、着付けやヘアセットを美容院などにお願いすると3000円〜5000円程度の費用がかかります。着物を購入せずにレンタルする場合は1万円前後の費用で着付けやヘアセットまでしてくれるお店もあります。着物を着る機会が少ない現代では、レンタルを利用するご家庭が多いようです。せっかくのハレ姿ですから着付けやヘアセットをきちんとして、可愛いお子さんの着物姿を見たいですよね。

記念写真代

写真館で七五三の写真を撮ってもらう場合は、着る衣装の数や、もらえる写真の枚数などで金額が変わってきます。撮影料金だけであれば数千円で済みますが、写真のプリントやアルバム台紙、写真データの購入などを含めると3万円以上するようです。費用はかかりますが、スタジオでプロが撮る素敵な写真は、一生の宝物になるほどです。また、撮影だけでなく着物のレンタルもできる写真館もあります。撮影後にそのまま着物姿で神社にお参りに行くこともできますし、撮影日とは別日に着物のレンタルを利用することもできるようです。写真館を利用すれば、着物の用意や着付け、写真撮影、参拝までまとめてプランニングすることができます。

七五三に人気の着物

七五三 着物 3歳 セット 選べる6柄 被布セット 販売
七五三 着物 3歳 9点セット 選べる20タイプ 販売
【レンタル】七五三 着物 男の子 3歳 5歳

まとめ

七五三とは、子どもの成長を感謝し、これからも無事に成長してくれる事を祈る大切な節目の行事です。子どもの成長はとても早く感じるもので、七五三の可愛らしい着物姿はその時にしか見られない貴重な瞬間ですので、一緒にお参りをしたり写真を撮ったりして、家族で素敵な思い出を残しましょう!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
TOPへ