お酒が飲みたいママが授乳中に気を付けるべきこと

ママだってお酒が飲みたい!|授乳中にお酒を飲むときに気を付けること

 

妊娠中にアルコールを我慢していたママは、産後少しくらい飲みたいな〜。と思う方もいるでしょう。授乳中お酒の危険性を知りルールを守れば、ママだって時にはお酒を楽しむこともできますよ♪


授乳中の飲酒の危険性

ママだってお酒が飲みたい!|授乳中にお酒を飲むときに気を付けること

お酒を飲むと血液中にアルコールが回ります。母乳の主な成分は血液ですから、お酒を飲んだ直後の母乳にはアルコールが含まれているということになります。アルコールを含んだ母乳は赤ちゃんの発達を阻害し、低体重や低身長、記憶障害などの影響を及ぼす可能性があります。赤ちゃんの身体は未発達でアルコールをうまく分解できないため、時には急性アルコール中毒を起こすこともあるそうです。また、アルコールには、母乳を外に出す働きのある「オキシトシン」の分泌量を減らす作用があるので、母乳の出る量が少なくなってしまうのです。

授乳中にお酒を飲むときに気を付けること

 

授乳中のアルコールを控えているママも、お祝いの席や友人との会食などたまには飲みたいな〜。と思うこともあるでしょう。授乳中にお酒を飲むときに気を付けることを見ていきましょう!


飲んでも大丈夫な量は?

缶ビールなら1本、ワインならグラス1杯程度

実際に、このくらい飲んでも大丈夫という量が決められているわけではありまんが、体内から2時間〜2時間半程度でアルコールが抜けると思われる量が、缶ビールなら1本、ワインならグラス1杯程度と言われています。一緒に食事や水を取ることがおすすめで、食事は急に酔いが回ることを防いでくれ、水はアルコールの分解を助けてくれます。

アルコールが抜けるまでにかかる時間は?

2時間半程度

缶ビール1本の飲酒であれば、2時間〜2時間半程度と言われています。しかし、人によってアルコールの分解速度に違いがあるので、心配な方はアルコールチェッカーの使用がおすすめです。
◎おすすめのアルコールチェッカーはこちら↓↓

その他の注意事項

  • 母乳に含まれるアルコールは、ママの血中アルコール濃度が下がれば母乳からも消えます。1回搾乳して捨てたら大丈夫というわけではない。血中のアルコールが完全に抜けるまで授乳はNG。
  • 新生児〜生後3か月程度までは、授乳回数が頻繁で間隔も不規則になることがあります。授乳間隔が空いてペースが安定するまでは、アルコールは控えましょう。
  • ミルクで育てているからと言って毎日のように飲酒するのは控えましょう。赤ちゃんに何かあった時に冷静に対応できなかったり、赤ちゃんのお世話に集中できなくなったりして危険です。

授乳中にお酒を飲みたくなったときの対処法

ノンアルコールビールやノンアルコールカクテルなどを飲む

最近では、美味しいノンアルコールビールやノンアルコールカクテルなどがたくさん販売されています。種類も豊富にあり、お祝いの席などでも注文できたりしますので、ノンアルコール飲料で楽しむこともおすすめです。

飲酒するときは搾乳しておいたり、ミルクを利用したりする

ママだってお酒が飲みたい!|授乳中にお酒を飲むときに気を付けること

どうしもお酒を飲むときは前もって搾乳しておいたり、ミルクを利用することも良いでしょう。しかし、ミルクを飲んでくれない赤ちゃんや、哺乳瓶を嫌がる赤ちゃんもいますので、事前に問題がないか確認しておく必要があります。

まとめ

授乳中であっても、お酒を楽しみたいママだっています。量や時間をきちんと守れば時にはお酒を楽しむことも可能なんですね。お酒が大好きなママにとっては、たまにはお酒を飲んでストレスを貯めないようにするのも良いですね。くれぐれも飲みすぎないように、時と場所と場合を考えてお酒を楽しむようにしましょう。

 

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
TOPへ