母乳が出すぎるママの悩みを解決する効果的な方法

母乳が出すぎるママの悩みを解決したい!母乳過多の私が改善した効果的な方法

 

母乳が出すぎる...困る...なんと贅沢な悩みだ!と思う方もいるかもしれませんが、当人にとってはとても切実な悩みなのです。
母乳過多だった筆者が抱えた悩みから、特に効果があった改善策をご紹介したいと思いますので、参考にしてください。


母乳過多の悩み

母乳が出すぎるママの悩みを解決したい!母乳過多の私が改善した効果的な方法

悩み@
母乳が作られすぎて、おっぱいがカチコチに硬くなりとても痛い。
※さらに酷くなると乳腺が炎症を起こし乳腺炎という病気になることもあります。
悩みA
赤ちゃんが母乳を飲み始める時、赤ちゃんがむせるほど母乳が出て、上手に飲めない。
授乳後は至るところが母乳まみれに。。。
悩みB
母乳が勝手にピューピュー出てきて、小さめ(薄め)の母乳パットでは役に立たない。

母乳過多を改善する効果的な方法

時間割授乳法

母乳が出すぎるママの悩みを解決したい!母乳過多の私が改善した効果的な方法

時間割授乳法とは、数時間おきに時間を区切り、その間は片方のおっぱいだけをあげ続ける授乳方法です。
・・・と言われても、よくわからないですよね(^^;)
では早速、時間割授乳法のやり方を詳しくご説明いたします。
※ちなみに筆者のはこの方法を試して、2週間ほどで症状が落ち着きました!

〈時間割授乳法のやり方〉
@右胸を可能な限り排乳する(できるだけ短時間で、柔らかくふにゃふにゃになるまで)
A搾乳してない左のおっぱいを、赤ちゃんが欲しがるたびに何度でも飲ませる(右のおっぱいが、パンパンに張るまで)
B右のおっぱいだけを飲ませ始める(左のおっぱいがパンパンに張るまで)

これを繰り返します(目安は3-4時間おきに左右を交替)
※生産速度が飲む速度を上回り、両胸がパンパンに張って辛い場合は、再び片胸を完全に排乳する所から始めます。
※排乳を再度する場合は、前回の排乳から24時間程度は空けましょう。

 

頻繁に排乳すると母乳が不足していると体が感じ、逆にどんどん母乳が生成される可能性があります。
徐々に排乳する間隔を延ばしていき、症状が重い人でも5回ほどで排乳しなくて良くなります。
1日経っても落ち着く様子が見られない場合は、左右を交替する時間を、徐々に延ばしていく必要があるかもしれません。
※専門の医師や助産師等に相談の上、安全に配慮して行ってください。

筆者の経験談

母乳が出すぎるママの悩みを解決したい!母乳過多の私が改善した効果的な方法

筆者の場合、3回ほどの排乳で症状が落ち着きました。
おっぱいがカチカチに硬くなることもなくなり、娘が授乳中にむせることも減りました。
産後すぐに助産師さんから、左右の胸から均等に授乳するよう指導されていたので内心色々と不安もありましたが、「もっと早く試していればよかった!」と心底思いました。
その後、症状が改善したら、一回の授乳に両方のおっぱいをあげるようにしました。
改善後も時間割授乳法を続けると、そのまま母乳の量が減っていくのではないかと感じたからです。
実際、母乳過多の改善方法として時間割授乳法の認知度は低く、助産師や医師(3ケ月健診時)に説明しても「時間割授乳法??そんなのあるんですねー」という反応でした。
母乳を出すための方法はたくさん伝えられているのに、母乳過多の改善方法は全く広まっていないのを痛感しました。

母乳過多の方へおすすめの母乳パッド

筆者が使用していたおすすめの母乳パッドをご紹介します。
Pigeon 母乳パッド プレミアムケア
肌に優しく吸収力も抜群です。
母乳過多だと、知らないうちに母乳がピューピュー出ていることがあります。夜寝ている間や外出時など、こまめに交換できない場合でも安心して使用できました。

母乳過多の方へおすすめの授乳用ブラ

たくさんの授乳用ブラが販売されていますが、商品によっては母乳パッドが上手くつかない素材のものや、ホールド力が弱く横になった時にずれてしまうものがあります。
筆者が使用してリピ買いしたおすすめの商品がこちらです。
ローズマダムのマタニティ授乳兼用ハーフトップブラ
締め付け感はないのに、フィット感があり付け心地が良いです。見た目もレースがおしゃれで、クロスオープンタイプなので授乳も楽にできました!

母乳過多の方へおすすめ搾乳器

手絞りで排乳しても良いのですが、搾乳器を使用すると、より簡単に短時間で排乳ができます。
頻繁に搾乳した母乳を与えるママなら、電動の搾乳器がおすすめですが、母乳過多改善の排乳のために購入するなら、手軽な手動の搾乳器がおすすめです。
Pigeon さく乳器 母乳アシスト 手動
やわらかいシリコーンカバーがおっぱいにフィットしてずれにくく、お手入れや組み立ても簡単です。

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
TOPへ