赤ちゃん連れ旅行の必需品と宿泊先の選び方

赤ちゃん連れ旅行の必需品|おすすめスポットと宿泊先の選び方

 

赤ちゃん連れで家族旅行に行きたいママ!
ポイントさえ押さえれば、赤ちゃんと一緒に楽しい家族旅行が出来ますよ!
赤ちゃん連れだと色々大変だし疲れそう…旅行なんて無理かな。と断念してしまう前にこの記事を読んでみて下さい。


赤ちゃん連れの旅行には何を持っていく?

赤ちゃん連れ旅行の必需品|おすすめスポットと宿泊先の選び方

まず、赤ちゃんと旅行に行くときは、必要なものがたくさんあります。

必需品

オムツ・お尻拭き・ミルク(麦茶)・哺乳瓶(ストローマグ)・調乳用のお湯・授乳用ケープ・離乳食・着替え・よだれかけ・抱っこ紐・ビニール袋・ベビーカー・保険証・母子手帳

旅行先だと、授乳室がない場所でも授乳が必要な状況になる可能性もあります。
授乳用ケープや大きめのタオルなどを準備しておくといつでも授乳が可能になりますよ。
調乳用のお湯は家で沸かし、魔法瓶の水筒に入れておきましょう。調乳時に水を混ぜて適温にして下さい。
また、保険証や母子手帳は念のために持って行くようにしましょう。

あると便利な品

おむつ替えシート・ウェットティッシュ・おもちゃ・おやつ・食事用エプロン・ブランケット・ベビーワセリン・ボディソープ・手ピカジェル

旅行先では、おむつ替えスペースがいつもキレイだとは限りません。
筆者は、気になる時はウェットティッシュで拭き、おむつ替えシートを敷いてからおむつを替えてました。
使い捨ての食事用エプロンはとても重宝しますが、スプーンやフォークはレストランに子供用も置いてあることが多いので、大人と赤ちゃんと食事時間が同じであればレストランで借りることができますよ。
泊りがけの旅行であればベビーソープも持って行きましょう。泡ポンプ式の小さめの容器は100均などでも購入できますので、愛用のソープを移し替えて持って行くといいですよ!

赤ちゃんも楽しめるおすすめの旅行先

乳児編

赤ちゃん連れ旅行の必需品|おすすめスポットと宿泊先の選び方

赤ちゃんの月齢によって、楽しめる場所は変わってきます。
まだ歩けない乳児の場合は、長い時間を外で過ごすことが難しいと思います。逆に言えば、ホテルの中にあるキッズスペースや、ホテル周辺をベビーカーや抱っこ紐で散歩するだけでも楽しめるのです。
ですから、この時期に旅行に行く場合は、宿泊先が重要になります。赤ちゃん連れでくつろげる部屋があるか、キッズスペースがあるか、自宅から行きやすい場所であるかなどにポイントを置いて旅行先を決めた上で、旅行先に立ち寄る場所を決めるのが良いでしょう。
この場合、立ち寄る場所は有名なサービスエリアや郊外のショッピングモール、大きめの公園など、乳児と一緒でも困らないがいつもは行かない非日常な場所がいいでしょう。
気疲れせずに楽しめる場所を選んでみて下さい。

幼児編

赤ちゃん連れ旅行の必需品|おすすめスポットと宿泊先の選び方

子供が歩けるようになると動物園やテーマパークもかなり楽しめるようになってきます。
近場の動物園や水族館などは日帰りでも十分楽しめるでしょうから、宿泊旅行で行く場合はサファリパークや、遊園地やプールなどの複合施設に行くと特別感が出ますよ!
テーマパークに行く場合でも、子供が小さいうちは疲れても直ぐに休むことができるように、テーマパーク近くのホテルに宿泊するととても楽です。

赤ちゃん連れでも気軽に泊まれる宿泊先の選び方

ベッド

赤ちゃん連れ旅行の必需品|おすすめスポットと宿泊先の選び方

赤ちゃんとホテルに泊まる時にに心配なのが、ベッドから落ちないかな。と言うことです。どんなに端っこに寝せてても、両親で挟んで寝てもやっぱり不安ですし危険です。
宿泊先を選ぶ時は、ベビーベッドやベッドガードの貸し出しがあるかを確認して下さい。畳のスペースがある和洋室のお部屋や、旅館に泊まるのもベッドから落ちる心配はなくなります。

食事

赤ちゃん連れ旅行の必需品|おすすめスポットと宿泊先の選び方

赤ちゃんと一緒だとレストランでコース料理をゆっくり堪能する余裕はないかと思います。赤ちゃんが泣いて食事を途中で切り上げることもできればしたくないですよね。
ですから、ゆっくり食事をしたい場合には部屋食がおすすめです。ちょっと割高になってしまいますが、食事は旅行の醍醐味です!周りを気にせず美味しい料理を堪能できる部屋食はとても幸せなひと時になりますよ!
幼児になって大人と同じような食事ができるようになったら、バイキングもおすすめです。子供が好きな料理やデザートもあり、子供連れのお客さんも多いので、気兼ねせずに楽しめます。
筆者が宿泊したホテルでは、バイキング会場にまでキッズスペースがあり、親が食べ終わるまで子供も飽きずに遊んでくれました。

部屋にお風呂がある

赤ちゃん連れ旅行の必需品|おすすめスポットと宿泊先の選び方

乳児とママだけで大浴場に行くのは少し大変です。お風呂場にベビーチェアがなければ、ママが体を洗うことができません。
ママは後でもう一度お風呂に入らなければならないので、面倒な方は赤ちゃんだけ部屋のお風呂で済ませてしまっても良いでしょう。
歩けるようになっても、ママが体や髪を洗っている時に大人しく待つことは難しいでしょうから、1回目のお風呂は子供の為、2回目のお風呂はママの時間!と割り切るのも良いかもしれないですね。

ベビー用のアメニティグッズが充実している

赤ちゃん連れの旅行は荷物が大量になります。準備も大変ですし、公共の交通機関を利用する場合は移動も大変です。
手荷物を最小限に減らしたい方には、ベビー用アメニティが充実している宿泊施設がおすすめです。
離乳食、オムツ、粉ミルク、ベビーチェア、ベビーソープ、バスチェアなど色々なベビー用のアメニティが準備されている宿泊施設もたくさんあります。
宿泊施設によって準備されているものや、料金の有無が異なりますので、事前に宿泊先に詳細を確認しておくと安心です。

赤ちゃんと一緒に旅行する時の注意点

まだ小さい赤ちゃんには、旅行が負担になることもありますので、近場の旅行から始めて、休憩をこまめに取れるように、前もって休憩場所を計画しておきましょう。
筆者の初めての家族宿泊旅行は、生後5ヶ月の頃、車で30分程で行ける場所にいきました。8ヶ月の頃には車で片道1時間、1歳頃には車で片道1時間半ほどかかる場所へ。30分に1回の休憩を計画して、その時に娘が寝ていれば、起きた時に次の休憩。というような流れで休憩を取ってました。
また、猛暑日や寒冷の時期は体に負担がかかりますし、風邪が流行している時期も人混みは避けた方が良いでしょう。
子供の状態や時期などを考慮して、無理のない旅行プランを立てて下さいね。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
TOPへ